今、そこにいる僕 ロゴ

前へ 週間第5249HIT 次へ
今、そこにいる僕 ©1999 丙tarty・AIC/PIONEER LDC.
マイリストに登録
平均評価7.75 (4)

編集 作品概要

作品名

今、そこにいる僕

通名/略称
Now and Then, Here and There 
原作者
大地丙太郎 
監督
大地丙太郎 
制作会社
AIC  
制作年
1999 
放送局
WOWOW 
製作
AIC、パイオニアLDC 
公式サイト
http://www.geneon-ent.co.jp/rondorobe/anime/imaboku 
コメント
世界観に関する設定や解説などを大幅に簡略化しており、遠い未来の地球の何処かであるという、漠然とした舞台設定である。荒廃し切った大地、異常発達した動植物、軍事などの一部目的に特化したハイテクノロジーなど、物語の各所で垣間見える要素が、現代とは異なる環境たる所以である。
暴力描写の数々は、それまでの大地丙太郎作品とは全く異なる作風である。また大地丙太郎作品の多くがそうであるように本作にも高橋良輔が参

続きを表示

 
タグ
異世界/鬱展開/1クール 
セリフ
こんなにも もろく こんなにも はかない 百億年の年月 だから…… 哀しいほどに 愛しい 
見ている (0)見たい (0)見終わった (4)途中まで見た (0)

評価する


関連するキャラクタを登録 この作品と関連のキャラクタ

最終更新者:nekokane

レビューを書くにはログインが必要です。


粘膜人間 評価8点 | 見終わった | 2014年04月13日 09時25分
児童アニメの熱血主人公が手違いで大人のシリアスアニメの世界に飛ばされる話
要点だけ見れば単なるボーイミーツガールだが、登場キャラを取り巻く環境は暗くて重い
どれだけ傷ついても折れない不屈の精神力を持つ主人公のみがこの話の救いだったと感じた
気違いじみた予告は必見

neoapo 評価8点 | 見終わった | 2013年01月20日 22時16分
救われない話だけど、主人公が前向きなのがよい。
© 2012 NeoApo Some Rights Reserved.