ファンタジックチルドレン ロゴ

前へ 週間第8281HIT 次へ
ファンタジックチルドレン ©なかむらたかし/日本アニメーション・FC製作委員会 2004
マイリストに登録
平均評価6.00 (2)

作品概要 編集

作品名

ファンタジックチルドレン

原作者
なかむらたかし 
監督
なかむらたかし 
制作会社
日本アニメーション  
制作年
2004 
放送局
テレビ東京 
製作
博報堂DYメディアパートナーズ 日本アニメーション FC製作委員会 
公式サイト
http://www.nippon-animation.co.jp/f-children/ 
コメント
時は2012年、南の島・パパン島で両親と暮らす少年・トーマは、ある日島の遺跡でヘルガという少女と出会う。無口で、どことも知れぬ場所の絵を描いては、そこに行きたいと言う彼女の願いに、トーマはヘルガを慕う少年・チットと共に、ヘルガを“行きたい場所”へ連れていこうとする。
何十年かおきに現れる、謎の黒衣の子供たち。“ベフォールの子供たち”と呼ばれる彼らは、長い長い年月をかけて、ある一人の人物を追いかけ

続きを表示

 
タグ
/転生/なかむらたかし 
セリフ
 
見ている (0)見たい (0)見終わった (2)途中まで見た (0)

評価する


関連するキャラクタを登録 この作品と関連のキャラクタ

最終更新者:nekokane

レビューを書くにはログインが必要です。


粘膜人間 評価8点 | 見終わった | 2013年09月08日 00時29分
ヒロインが致命的なまでに淫売な点以外はストーリー、演出、音楽、全て申し分無い名作
ラストシーンは非常に後味が悪い(前述のヒロインのせいで)。しかし、DVD版では感動的な新作映像が追加されているので当時TV放映で見た人は是非DVD版で見返すことをお勧めする
© 2012 NeoApo Some Rights Reserved.