輪るピングドラム ロゴ

前へ 週間第16951HIT 次へ
輪るピングドラム ©イクニチャウダー/ピングループ
マイリストに登録
平均評価7.00 (10)

作品概要 編集

作品名

輪るピングドラム

原作者
イクニチャウダー 
監督
 
制作会社
Brain  
制作年
2011 
放送局
毎日放送 
製作
ピングループ、MBS 
公式サイト
http://penguindrum.jp/ 
コメント
『少女革命ウテナ』を手掛けた幾原邦彦が「家族」をテーマに監督・脚本を担当するオリジナル・アニメ作品である。原作者「イクニチャウダー」は幾原を中心とした創作グループ名である。記号的表現で場面転換に用いられる自動改札機や発車標、加えて、無個性なピクトグラムの形で作画されるモブキャラクターが、独特の作風として描き出されている。また、リンゴとペンギンが、多彩な表現によって様々なシーンで描写されている。作中

続きを表示

 
タグ
家族/テロリスト/セカイ系/幾原邦彦/帽子/ペンギン/兄弟 
セリフ
僕の愛も、君の罰も、すべて分け合うんだ
生存戦略、しましょうか!
きっと何者にもなれないお前たちに告げる 
見ている (0)見たい (0)見終わった (10)途中まで見た (2)

評価する


関連するキャラクタを登録 この作品と関連のキャラクタ

最終更新者:ルエ

レビューを書くにはログインが必要です。


とっぴ〜 評価10点 | 見終わった | 2015年08月19日 01時29分
訳のわからないアニメだったけれど。面白かったよ。よく考えるとけっこう重たい感じだったような。

粘膜人間 評価8点 | 見終わった | 2014年03月31日 18時41分
愛の物語
テーマは一貫しており、伏線も張り巡らされているものの、意識せずに話を読み解くのは少々難しいように感じた
前半はコメディタッチで描かれるシーンが多く、気を抜いていると終盤で何が何やらさっぱり分からなくなるので、視聴を始める際には予めあらすじや解説を見てからのほうが良いかも
わけが分からないにしても映像美術や演出、音楽はかなり凝っておりそれだけでも十分に視聴する価値はある
© 2012 NeoApo Some Rights Reserved.