MAJOR 友情の一球(ウィニングショット) ロゴ

前へ 週間第21963HIT 次へ
MAJOR 友情の一球(ウィニングショット) ©満田拓也・小学館/NHK・NEP・ShoPro
マイリストに登録
平均評価5.00 (1)

作品概要 編集

作品名

MAJOR 友情の一球(ウィニングショット)

原作者
満田拓也 
監督
加戸誉夫 
制作会社
XEBEC  
制作年
2008 
放送局
映画 
製作
:小学館/東宝/毎日新聞社/スポニチ創刊60周年記念委員会/エイベックス・エンタテインメント/NHKエンタープライズ/小学館集英社プロダクション 
公式サイト
 
コメント
2008年12月13日に東宝系で公開された。第1シリーズと第2シリーズの間に当たる、福岡での吾郎の成長を描かれている。

吾郎・10歳。原作では語られていない空白の福岡時代。強豪「横浜リトル」との激闘の末、肩を故障しながらも勝利をおさめた吾郎はプロ野球選手の義父・茂野の移籍に伴い九州・福岡へと転校してしまう・・・。吾郎の肩を気にかけつつも想いを受け止め、「投球禁止」を条件に名門「博多南リトル」

続きを表示

 
タグ
MAJOR/少年サンデー 
セリフ
なぜ吾郎は左投げになったのか? 
見ている (0)見たい (0)見終わった (1)途中まで見た (0)

評価する


関連するキャラクタを登録 この作品と関連のキャラクタ

最終更新者:nekokane

レビューを書くにはログインが必要です。

© 2012 NeoApo Some Rights Reserved.