セイバーマリオネットJ to X  ロゴ

前へ 週間第16359HIT 次へ
セイバーマリオネットJ to X ©あかほりさとる・ねぎしひろし・ことぶきつかさ・角川書店/バンダイビジュアル・創通
マイリストに登録
平均評価0.00 (0)

作品概要 編集

作品名

セイバーマリオネットJ to X

原作者
あかほりさとる 
監督
下田正美 
制作会社
ハルフィルムメーカー  
制作年
1998 
放送局
テレビ東京 
製作
テレビ東京、創通映像 
公式サイト
 
コメント
前作『セイバーマリオネットJ』のビデオ販売が好調のため制作された。1話から13話はジャポネス、14話から25話は西安が舞台である。26話はビデオソフトだけに収録された後日談である。

女性復活達成後、それまで「女性を模したもの」であるマリオネットの存続意義の揺らぐ中、小樽への恋心を確たるものにしたライム、チェリー、ブラッドベリーの「3人で一人」であることへの疑念、人間でないことへの葛藤などが描

続きを表示

 
タグ
セイバーマリオネット/3期/2クール 
セリフ
 
見ている (0)見たい (0)見終わった (0)途中まで見た (0)

評価する


関連するキャラクタを登録 この作品と関連のキャラクタ

最終更新者:neoapo

レビューを書くにはログインが必要です。

© 2012 NeoApo Some Rights Reserved.