火垂るの墓 ロゴ

前へ 週間第22087HIT 次へ
火垂るの墓 ©野坂昭如/新潮社,1988
マイリストに登録
平均評価7.20 (5)

作品概要

作品名

火垂るの墓

原作者
野坂昭如 
監督
 
制作会社
スタジオジブリ  
制作年
1988 
放送局
東宝 
製作
スタジオジブリ 
公式サイト
 
コメント
1945年(昭和20年)の兵庫県神戸市近郊を舞台とし、親を亡くした幼い兄妹が終戦前後の混乱の中を必死で生き抜こうとするが、その思いも叶わず悲劇的な死を迎えていく姿を描いた。野坂独特の饒舌かつ粘っこくて緻密な文体に加え、本作のベースとなった戦時下での妹との死別という実体験や情念も盛り込まれ、独特の世界観と感慨を読者に与えてくれる。 
タグ
映画/ジブリ/鬱展開/戦争/兵庫県 
セリフ
4歳と14歳で、生きようと思った。 
見ている (0)見たい (0)見終わった (5)途中まで見た (0)

評価する


関連するキャラクタを登録 この作品と関連のキャラクタ

最終更新者:syou

レビューを書くにはログインが必要です。


とっぴ〜 評価10点 | 見終わった | 2015年08月17日 01時42分
いや、やっぱりこれすごいわ。戦時中のリアルが描かれててスゴく悲しいのだけど。映画自体はかなりクールっていうか客観的な気がする。
© 2012 NeoApo Some Rights Reserved.